リクルートを辞め、30代でフリーランスになった女のブログ

まみログ

生活系

意外な学びを発見した15年ぶりの『サザエさん』

投稿日:

こんにちは!フリーライターの高下まみ@t_mami134です。

最近お仕事系の話が続いていたので、ちょっとゆるめのお話を。

昨日イベントがあったので、今日は一日ブログ以外オフの時間に。

5時起き習慣は崩したくなかったので、昼寝で調整しました。
撮り溜まっていたドラマを見るなど完全オフの時間。

食事に出かける前に時間があったので、久々に『サザエさん』を見てみました。
そこで意外な発見があったのでご紹介します。

信頼は何よりも安心感を生む行動

ストーリーは、タラちゃんにノリスケおじさんが伝言を頼むところからスタート。

「柿の葉寿司を送るから、今日はご飯作らなくていいよっておばあちゃんとサザエさんに伝えて」

とノリスケおじさんが伝えます。

タラちゃんがサザエさんに「カキが届くって言ってたから、ご飯は作らなくていい」と伝えると、

「わかったわ、ありがとう」と伝えるものの、果物の柿なのでは?いや、牡蠣ではないかと想像を巡らせるサザエ姉弟。

タラちゃんは自分が聞いたことを伝言したのに、信じてもらえないことに腹を立てます。

そしてサザエさんの行動を見て「ご飯は炊かなくて大丈夫です~!」と監視。

その行動で自分の言葉を信じてほしいと伝えます。

しかしサザエさんや口ではわかりましたというものの、半信半疑。

そこでタラちゃんはおばあちゃん(フネさん)にも聞きに行きます。

「おばあちゃんもご飯炊かないですか?」と。

するとフネさんは「タラちゃんを信じているからご飯は炊きませんよ」と。

タラちゃんは「おばあちゃんだけボクのことを信じてくれたです~!」と喜んで去っていきます。

実際に届いたのは…

タラちゃんは自分の伝言が合っているのか不安になり、ワカメと一緒に玄関先で宅配便の到着を待ちます。

するとカツオが帰ってきて、ご飯がいらないなら牡蠣釜飯なのでは?と新しい仮説を持ち出しました。

そのタイミングで宅配便が到着。実際届いてみたものを見ると「柿の葉寿司」でした。

タラちゃんは牡蠣が入っていると思っていたので「自分が間違っていた…」と落ち込みます。

ノリスケおじさんの本質を突く回答

次の日ノリスケおじさんが「送った量で足りました~?」とご挨拶に。

タラちゃんが伝言を誤って伝えたことを恥ずかしく思っていると、ノリスケおじさんはこう言います。

「牡蠣か柿の葉寿司かどうかは重要じゃない。タラちゃんは一番重要なご飯を作らなくていいってことを伝えてくれたから合っているんだよ」と。

そしてこうも言います。

「大切なことを伝えてくれたんだから、これからもタラちゃんに伝言を頼むよ!」と。

柿の葉寿司か牡蠣かなんてどうでもいい。
文字面だけでなく、タラちゃんがノリスケおじさんの真意(フネさんやサザエさんに楽をしてほしい)という気持ちを汲み取って行動できたことを褒めたのです。

タラちゃんは自分が間違っていなかったこと、そして大人に信頼されたことによって喜び、自信をつけた様子が描かれていました。

もう私の涙腺がゆるむ瞬間…

ノリスケさんできない感じのキャラなのに、なんかめっちゃかっこいいじゃん…絶対仕事できるやつやん…と感じました。(笑)

15年ぶりのサザエさんから学んだこと

結論としては、メンバーマネジメントにも子育てにも通用する
環境設定の大切さを学べる回だったということ。

メンバーであれ、子どもであれ、本当に自分は信頼してもらっているのだろうか?
それとも口だけだろうか?とタラちゃんがサザエさんを見張ったように、一挙手一投足を見ているもの。

全面的に信頼してくれれば、その子どもやメンバーは実力以上のものを発揮できるようになるでしょう。

しかし口だけで本当に信頼してくれていなければ、これから信頼することはなくなります。

そんな中で良好な関係が築けるでしょうか。

ノリスケさん言葉を受けた後、タラちゃんは「信じてくれたのはおばあちゃんだけ」ともう一度伝えます。

ノリスケさんがカツオをdisった形で終了したいつもの展開だったので、ちゃんちゃんという感じで終わりましたが、
結構その後のサザエさんとの信頼関係気になるところだなと思いました。(笑)

今回のお話は子育て中、メンバー育成中の方も、ちょっとドキッとする展開でした。
子どもいたらたぶん気付かされること、多かっただろうな…と思うとサザエさん深い…。

信頼してくれるという安心感のある環境を作れるようにすることが、その人の能力を伸ばすことにつながるんだなと
改めて感じたお話でした。

まとめ

今日の学びは

  • 「安全安心が保たれる環境で人は育つもの」という環境設定の大切さ
  • 1人でも信じてくれることで自己肯定感が生まれること
  • 本質的に肯定し、今後も信じてくれるという環境が自信を育てること

15年ぶりにサザエさんを見ると、ただの家族内でのお話というより「育成」・「環境」などの
観点から見られるようになってくると考えると、久々に昔見ていたものを見る経験って結構重要だなと感じた日曜日でした。

-生活系
-, , , ,

Copyright© まみログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.