リクルートを辞め、30代でフリーランスになった女のブログ

まみログ

生活系

フリーランス&副業者に!e-Tax確定申告前にやっておきたい3つのこと

投稿日:10月 12, 2018 更新日:

こんにちは!フリーライターの高下まみ@t_mami134です。

今年もあと80日!
フリーランスになった方、副業している方、日々の記帳は進んでいますか?

かくいう私も年明けから記帳していないので、そろそろやり始めなくては…と重い腰をあげようとしているところです。(苦笑)
そこで、今年初めて確定申告する方、もっと効率よくやりたい!という方向けに、e-Taxでの確定申告前に必要な3つのことをご紹介していきます。

  1. マイナンバーカード発行
  2. 確定申告用会計ソフトの選択
  3. カードリーダーの購入

マイナンバーカード発行


一番時間がかかるものからご紹介。e-Taxをやりたいと思って確定申告時期にマイナンバーカードを発行しに行ったところで、e-Taxでの確定申告には間に合いません。マイナンバーカードの発行には2~4週間程度かかるといわれています。

つまり今つくっておかないと、年度末に向けてマイナンバーカードを発行しようとする人の群れと一緒に行動する必要が出てきます。これは精神的にも肉体的にも疲れますねー。

とっても非効率!なのでやめましょう。

ということで、年度末でも年末でもない今の時期にマイナンバーカードの作成をしておくのがおすすめ。「あとでやろうは命取り」です。実際私もこの時期くらいに作成をしにいったら待ち時間もほぼなく、スムーズに発行が完了し、2週間程度で手元に届きました。

マイナンバー通知カードのままではペラペラの紙で、しかも財布にも入れられないからなくすのでは…と心配していましたが、カードを作成してからはそんな心配をしなくてよくなりました。年末や年度末は区役所や市役所も忙しくなることが予想されるので、ぜひ早めに作っておくことをおすすめします。

もし開業届けを出していない方は、マイナンバーカードを作るついでに税務署に出しに行っておきましょう。各市区町村の税務署のHPからダウンロードして記入し、提出するだけなので秒で終わります。これも確定申告時期には混み合う&会場が通常とは変わってしまうことも多いので、このタイミングで出しておくことをおすすめします。

確定申告用会計ソフトの選択


次に必要なのが、確定申告用の会計ソフトの選択です。freee弥生MFクラウドなどさまざまな会計ソフトがありますが、私が聞いている中で好評なのはfreeeです。

とても操作性が高く、会計がわからない方にもわかりやすい設計になっているとのこと。私は弥生を最初に使ってしまったので乗り換えが面倒でそのままなのですが、便利さが違うと言っている人が多いので見比べて検討してみてください。今年はわかりませんが、だいたい無料期間がありますのでうまく活用するのも手ですね。

会計ソフトを使わずに自分で入力しようとすると、大幅な手間がかかります。その点会計ソフトを使えば、説明を見てボタンを押していくだけでいいのでとても楽に記帳が終了します。また、会計ソフトにクレジットカードや口座情報をリンクさせておけば、さらに入力の手間を省くことができますよ!

たとえ有料であっても、時間をお金で買うという考え方を持っておけば効率的なものを選ぶことができます。

私が使っている弥生会計

周囲で人気のfreee

マネーフォワードと連動して経費もラクラク!MFクラウド

自分ではできないよって方は

カードリーダーの購入


最後はカードリーダーの購入です。やり方がよくわからず、カードリーダーを買わなくてはいけないということで、e-Taxを使ったことがなかった私。しかし、去年e-Taxを使ってみて、もっと早くに買っておけばよかった!!!と心底思いました。

なので、これから確定申告をされようとしている方にはカードリーダーの購入をおすすめします。

考えてもみてください。

  • 膨大な人が並んでいる会場に並ぶ時間とストレス
  • 会場に行くまでの時間とストレス

これらを削減し、記帳が終わっていれば30分もかからずに申告が終了します。

「これまでかけていた時間はなんだったんだろう?」

と感じるほどあっという間に申告が終わり、大幅な時短をすることができました。自分の時給とその時間で生み出せる金額を考えると、カードリーダーでe-Taxの1択だといえます。

ちなみに私が購入したカードリーダーはこちら!不具合もなく、ささっと読み込んでくれて助かりました。たまに不良品に当たることも考えられるので、最低でも1ヶ月前には購入しておくことをおすすめします。

番外編:領収書管理を楽にするテクニック

結構な人数の方が困っている、領収書の管理。

私が人から聞いた方法で便利だな!と思ったのはこの3ステップです。

  1. 仕事で使っているデスクに、費用科目数分の封筒を用意し、科目名を書いてテープで貼り付けておく。
  2. 帰宅したら、財布から領収書を出し、入れておく
  3. 月1回、まとめてこの経費を入力しておく

結構原始的な方法ですが、

  • 財布をキレイに保てる
  • 領収書がどこにいったかわからないということがなくなる
  • 時系列順、費用科目に管理ができる

という3つのメリットを得ることができます。

これまであまりうまく管理ができなかった!という方はぜひ試してみてください。

今回はフリーランスになってから、あるいは副業・複業を始めてから困ることも多いe-Tax確定申告についてご紹介しました。ぜひ参考にして、今年こそ簡単に確定申告を終えてみてください!

-生活系
-, , , , , ,

Copyright© まみログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.